10/17(土)

本日、午後から人権講演会が開催されました。

講師の先生に、光照寺副住職の松浦成秀様をお招きし、「限りある人生だから~僧侶の立場から見た人生の生と死~」という演題で講演をしていただきました。

「この命を誰かが代わりにやってあげられるわけではない」や「人の痛みに気づく人になってほしい」など、印象的な言葉を多くいただくことができました。

僧侶という立場だからこそ、伝えられるものを生徒はしっかりと受け取ったと思います。

松浦先生本日は本当にありがとうございました。

カテゴリー: 参観日