11/11(水)

2・3校時に、2年福祉学習を行いました。

車いす体験や高齢者疑似体験をしました。

生徒たちは、みんな何らかの形で車いすに触れたことはあったようですが、段差を乗り越えることや車いすを押してスロープを上り下りをするなどに苦戦していました。しかし、社会福祉協議会の2名のご指導により、車いすの操作のポイントが少しわかったようでした。

高齢者疑似体験では、身体の動きを制限する装具を身に着け、いすに座ったり細かい文字を読んだりしました

何不自由なく過ごせていることに改めて気づき感謝するとともに、困っている人の立場に立って考えることの大切さを学びました。

社会福祉協議会のみなさま、本日はありがとうございました。

来週は、認知症サポーター講座を予定しております。

カテゴリー: 2年部